スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリームインとアウトって違う?

あー寒い困った三寒四温もいいけど早く暖かくなってほしい。
しかし、もう3月。
冬漕がない人もそろそろカヤックが恋しいラブ頃では・・

ところで今日はコメントにYSさんより、
「ストリームインはいいけどアウト」が・・とご質問を頂いたので
折角なのでここでお返事を兼ねてインとアウトの違いを書いてみます。
*因にストリームとは「流れ」と考えてください。
 電球だから、
ストリームイン・・流れに入る。=エディーアウト
ストリームアウト・・流れからでる。=エディーイン

**************************
質問があったブログ

YSさんへ、初めまして?(もしかしたら川でお会いしてますか?)

ご質問の「ストリームアウト」でぐらついてしまうということですが、
基本的な考え方はストリームインと全く同じです。
違うのはターンする向きだけです。(上流向きか下流向きかの違い)

どういう事かと言うと下の写真を見てください。
↓矢印は流れの向きです。この写真は上が上流でインするところ。
img20060303.jpg


この写真はアウトするところ。実は上の写真を逆さにしただけです。
img20060303_1.jpg


この様に流れを受けてターンする方法は全く同じです。
ただ、違いは本流↓の方が流れが早く、エディ↑の方が緩いです。

具体的な練習方法としては、
1)自分が入るエディを決める。
2)エディ内の流れを観察し(みえない場合は回りの流れや岩や地形から
  想像し)てどの辺りでどのようなターン(弧)をするかイメージする。
3)本流にのりコントロールできる範囲でスピードをつける。
  (エディラインを突破するため)
4)あとはエディ内の逆流をストリームインと同じ要領でバウに水を
  受けてターンすればばっちりOK!

この時、初心者はエディライン上でまわされる場合が多いので
(エッジの効いたターンでなく、ボトムでスライドする)
はじめのうちは岸近くの上流への流れをとらえるために
漕ぎ続けるのも一つの方法。
バウが岸から約1、2Mのところまで漕いでみよう。
そして漕ぐのを辞めると自然にターンしてくれるでしょう。
ここまで漕いでいるときにボトムに下流からの水の抵抗を
感じていることが大切です。(流れに対するボートの角度も
大切です。基本は45°前後でしょうか・・)

この文を全部読んで下さった方、折角なので試してみてください。
また、文じゃーなかなか足りない部分もあるので川でお地蔵さんを
見かけたらお供えものをあげましょう!
きっと親切?に教えてくれるはずです。

久々の「長文読解」が書けてちょと自己満足にっこり

さー明日は漕ぐどーぃ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zizoper

Author:zizoper
子育てしながら何とか漕いでます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。