スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートがぐらぐらする方へ

おはよ-。スカットして良い天気だね!
今日は「ボートがぐらぐら・・」「何か不安定」「沈しまくり」
な方へのワンポイントアドバイス。
シーズンの始まり、今の時期にしっかりと練習しておきましょう!

<<アドバイス>>
下の写真は初心者カヤッカー「フリッパー君」
いつもフラフラ。よく沈してる。

<<そんな彼にワンポイントアドバイス>>鐘
まずリーンとは・・・ボートを傾けること。
ただ、「傾ける」と言う表現だと、自分で一生懸命ボートを傾けよう
としたり、体がボートから外れるくらいに傾けてしまう人がいます。

そして、沈!当然こんな無理な姿勢は静水でも難しく、まして
フェリーやエディキャッチの時にはなおさら。
ただ、ターンの時に遠心力が掛かっている時は少し安定する
ので、これでイイと思っている場合が多い。

個人的には「傾ける」より傾けるお尻に「乗る」方が正しいと
思う。片方のお尻に乗れば(ちょうどオナラするように)、結果
としてボートは傾き、長時間この姿勢を保っても疲れない。
是非、試してみてね!

ざ、ざ、残念。いっぱい書いたのにさっきサーバーの
関係で(やり方)が消えてしまった。悲しい
無念!もう大変なので簡単に書きますうんち


1)ボートの上に背筋を伸ばしまっすぐに乗る。
  背筋は鉛直。方は水平。

2)体の力を抜き右のお尻にのる。(オナラするように)

3)そうすると左のサイブレスA(ボート)の方から必要な分
  だけももに圧力が加わる。必要な力はこの圧力をキープ  する分だけ。

4)次ぎに、右のももがサイブレスから少しだけ離れることに
  きずくハズ。右ももを軽くサイブレスに当ててあげる。

5)この力Bの割合は7:3=A:Bくらいかなぁ・・・。
  もちろん8:2や6:4でもかまわないけど。

6)この感覚はちょうどスキーの外足と内足の関係に
  似ているかな?(スキーやらない人は分からないかすいません

7)踏ん張る力としてはAの方が強いけど、バランスはB
  とる感じ。Aは右に、Bは左に傾ける力で・・・

あーまた、長くなってしまった。
今回は初心者「ジゾッパ君」でも分かるように書こうと
思ったんだけど・
・・

img20050506.jpg


とにかく、試してみてください。
いままで不安だったフェリーグライド、ストリームイン・アウト
が以前より安定してコントロールできるハズ。
分からない人は下のコメント↓に書き込みください。
負けずに答えますよー力こぶ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zizoper

Author:zizoper
子育てしながら何とか漕いでます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。